今すぐに参加するべき? 最有力ICO「BANKERA」の実力と魅力とは?

いまや数千とも言われるほど多くのICOが登場し、その中から信頼性が高く有力なものを見つけ出すのは簡単ではありません。そんな中、いま最も人気のあるICOの一つが「BANKERA(バンクエラ)」です。すでに1000万ユーロの資金調達に成功し、過去最大級のICOの一つとして注目を集めています。

このページではそんな「BANKERA」の魅力と特徴を詳しく解説していきます。
有力なICOに参加したいという方はぜひ参考にされてみてください。

BANKERAとは?

BANKERAは「ブロックチェーン時代のための銀行(デジタルバンク)」をテーマに掲げたプロジェクトです。デジタル化が進む現代では金融事業・銀行業においても確実にデジタル化の波が押し寄せています。BANKERAは、既存の銀行が未だなし得ていないブロックチェーン上の金融取引を強みに登場しました。すべての履歴をブロックチェーン上に記録することで金融取引における詐欺や不透明性を排除し、安心安全で正当な取引を可能にしてくれます。

BANKERAの3つの特徴

「ブロックチェーン時代のためのデジタルバンク」を謳うバンクエラは、従来の銀行の役割を担う以下3つのサービスの提供を実現します。

(1)支払い
個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座など、多数の支払いサービスの提供が予定されています。これらすべてのサービスでは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠のトークンといった、仮想通貨での決済にも対応していきます。将来的には国内総生産(GDP)に連動する通貨やお金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していくと発表しています。

(2)預金とローン
デジタルバンク(銀行)であるBANKERAは、預金とローンもサービスの中核となります。当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は借り手のキャッシュフローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

(3)投資
上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品が提供される予定です。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも予定しています。

BANKERAの強み

BANKERAの強みはすでにe-wallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営に成功している点です。BANKERAの創業チームが立ち上げたe-wallet「SpectroCoin(スペクトロコイン)」はすでに世界中で利用されています。

BANKERAの魅力

さらなるBANKERAの魅力としては、トークン保有者に取引利益の分配額が利息として毎週支払われる点です。この利息の分配は、純取引利益総額の20%から構成されます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてトークン保有者に按分されます。すでにBANKERAにてトークンを購入しているトークン保有者に対しては、SpectroCoinのウォレット上に毎週イーサリウムベースで報酬が支払われているのです。

BANKERAへの参加方法

世の中には詐欺性の強いICOや実現ベースに乗っていないICO、またプロジェクト自体に信頼性が持てないICOも多い中、すでにe-wallet「SpectroCoin」の成功や各金融事業の成功を収めている「BANKERA」は非常に信頼度の高いICOとして注目されています。

「BANKERA」のICOへの参加とトークンの購入はeウォレット「SpectroCoin」上で行われます。まずは「SpectroCoin」への登録を行いましょう。ウォレットへの登録が完了すると「SpectroCoin」上でBNKトークンが購入できるようになります。

SpectroCoinの登録とBANKERAの購入はこちら

※BANKERAは現在最終申し込み期間中となり、締め切りは2月28日です。ご興味のある方はお急ぎご登録をおすすめいたします。

BANKERAの詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ICOとは?>

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、株で言うところ「新規公開株」「新規上場株式」を表すのIPO「Initial Public Offering」の仮想通貨版と言えます。

株のIPOは上場する前の未公開株を投資家に対して売り出し、投資を募る方法のひとつですが、仮想通貨のICOは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、取引所に公開する前に事前に販売することで開発費や研究費を調達しています。

ICOは現在、世界中で数千を超えるとまで言われその数は膨大です。中には資金だけを集めてプロジェクトが終わってしまう詐欺まがいのICOも多く存在するため投資には注意が必要です。

ICOへ投資する際は事前にしっかりと下調べを行い、個人の責任・判断のもとで慎重に行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

特集

TradingViewによる市場の相場

仮想通貨の選び方

取引所の登録はこちら

bitbank.cc 新規口座開設bitbank.cc 新規口座開設?|?fx-on.com bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。