複数資産で担保可能なステーブルコイン「Dai」、11月18日にローンチへ

複数資産で担保可能なステーブルコイン「Dai」、11月18日にローンチへ

担保資産を増加した「Dai」がローンチ
Maker FoundationのCEOが、複数資産で担保可能になる「Dai」を11月18日にローンチすると発表した。4カ月でアクティビティが4倍に急増するなど需要拡大を示すDai。ロックすると利息が得られる新機能も追加される。

担保資産を増加へ

Maker FoundationのCEOであるRune Christensen氏が、複数の資産での担保が可能になるステーブルコイン「Dai」を、11月18日にローンチすると発表した。

Daiは、仮想通貨で担保することによって発行されるステーブルコインだ。

MakerDAOのプロジェクトで運営され、ユーザーがイーサリアム(ETH)を担保資産としてロックすることで、イーサリアムブロックチェーン上で発行できる仕組みになっている。今回発表されたのは、ETH以外でも担保ができるようになるDai(Multi-Collateral Dai 以下:MCD)だ。

Christensen氏は、MCDでは担保をロックするスマートコントラクト(CDP)の種類を追加し、Daiをロックしておくと利息を得られる機能も追加すると説明。金融の分散型アプリケーション(dApps)のバックエンドに、Makerのプロトコルを統合する際にもMCDは有用だという。

Christensen氏は今回の発表に際し、「MCDのローンチはMakerDAOのプロジェクトにとって重大な出来事だ。DeFi(分散型金融)の未来に強いインパクトを与えられるようなターニングポイントになる」と述べた。

2019年第3四半期のレポートによると、この4カ月間でDaiのアクティビティは急増している。その上昇は4倍以上だ。特に9月はDaiの送金や受け取りを行うアドレスが急増した。

出典 : MakerDAO

今年6月には、大手仮想通貨取引所コインベースが運営する仮想通貨の学習ポータルサイト「Coinbase Earn」で、学習の対価としてDaiを受け取れるようになっている。

関連「Coinbase Earn」にステーブルコインのDAI追加

参考資料 : MakerDAO

CoinPostの関連記事

リップル社CTO、仮想通貨XRPを担保としたステーブルコイン機能追加を提案
リップル社CTOのDavid Schwartz氏が、仮想通貨XRPに関する一連の機能強化案を公表。XRP LedgerにXRPを担保としたステーブルコイン機能の追加することを提案している。
新たな取引チャンスも、「イーサリアム基盤・DiFi使用のトレード戦略分析」バイナンス・リサーチ調査
バイナンスの研究部門は、分散型金融(DiFi)市場での裁定取引およびキャリートレード戦略の分析レポートを公開した。DiFi内で完結する戦略と既存の金融機関を利用する手法の両方で分析が行われた。

Source: COIN POST
複数資産で担保可能なステーブルコイン「Dai」、11月18日にローンチへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

特集

TradingViewによる市場の相場

仮想通貨の選び方

取引所の登録はこちら

bitbank.cc 新規口座開設bitbank.cc 新規口座開設?|?fx-on.com bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。